脱毛器「レイボーテ」体験レポート ホーム > どこが大事?!脱毛器で処理できる部位って?
 

どこが大事?!脱毛器で処理できる部位って?

家庭で使う脱毛器。

今は機能も進んでニーズの高い部位はほとんど処理できるようになっているようです。

1ワキ

脱毛部位人気1位!脱毛専門サロンにおいても低価格での脱毛プランも多く、ワキ脱毛から始める方も多い。

きれいに処理されたワキは日本女性の誰もが憧れるもの。家庭用脱毛器でももちろん処理可能です。

2V・I・O

デリケートゾーンのビキニライン(V)、女性器の両サイド(I)、肛門まわり(O)を指します。

いずれも自分ではみえにくく処理しづらい部位で衛生的にも脱毛が安心ですね。

家庭用の脱毛器ではビキニライン(V)が可能なタイプが増えてきましたね。

3背中

水着やドレス、薄着のときに目立ちやすい部位。

均一にきれいにしておきたい人は脱毛サロンや美容クリニックに行く人も多いでしょう。

家庭用の脱毛器では一人で行うのはちょっと難しいですが、誰かに手伝ってもらえば大丈夫です。

4

アゴ、額、口まわり等細かく分かれている顔の脱毛。

比較的自己処理しやすいのですが、1番目立つ場所なので、処理の頻度が高い部位はご家庭でできる脱毛器を使う方も増えているようです。

カミソリ負けによる肌荒れ防止にもグッド。

5腕・脚

ヒジ下、ヒジ上、ヒザ下、ヒザ上の大きく4つに分かれている部位。

ワキに続いて処理頻度の高いのがヒザ下。またヒジ下も目立ちやすく、乾燥対策としてもカミソリより断然脱毛器での処理が選ばれています。

脇だけでなく腕や脚も、となると断然カミソリやシェーバーなどでの早く脱毛処理できます。

6ヒップ

背中と合わせて選ぶ方が多い部位。脱毛と保湿をしたつるんとしたヒップは美しく、こだわりのあるひとは脱毛処理しているパーツですね。

ちょっと毛深さが気になる人がOラインとセットにして美容クリニックやサロンで脱毛するという話はよく聞きます。