脱毛器「レイボーテ」体験レポート ホーム > 家庭用脱毛器ある・なし
 

家庭用脱毛器ある・なし

脱毛器で背中の脱毛は?ある!

一人で行うのは難しいですが、誰かに手伝ってもらえばカンタンに仮定でも脱毛できます。

背中というのは広範囲の脱毛になります。 かなり昔のまでの脱毛器というのは表面の毛を抜くといった感じで、痛みは強い割りに一度に広範囲の脱毛ができないので痛みがずっと続くイメージでした。

しかし…最近の家庭用脱毛器は違います。かなり進化していて、エステで行うような光脱毛の機能を取り入れています。

とくに最近有名なのは、ケノン、トリアなどのレーザー系、レイボーテシリーズやセンスエピなどのフラッシュ系です。

痛みの感じ方に個人差はあるものの、概ね痛みも少なく、照射範囲も広いため比較的短い時間でムダ毛の処理が可能です。

背中は広範囲なので大きな痛みは避けたいものです。家庭用脱毛器であれば、エステのように予定を決めて通わなくても良いのですし、好きなときに、自分の毛周期に合わせてエステのように脱毛していけばよいだけ。手軽に行えるのです。

エステでの永久脱毛は背中だと数十万円かかることがあります。

家庭用脱毛器であれば、本体は高くても10万円はしません。

ただし購入後の消耗品のコストは脱毛器によって変わるため、購入前に必ずチェックしておきましょうね。

脱毛器で顔の産毛の処理は?ある!

ただし出力調整ができる脱毛器であることが大前提となります。

顔の産毛が気になる方は多いと思いますが、顔というのは非常にデリケートなパーツです。

ちょっとした刺激によって荒れてしまったりトラブルが起こってしまう可能性も。

腕やワキなどを脱毛するのと同じ出力で顔の産毛を処理してしまえば必ず肌トラブルの原因となるのです。

火傷をしてしまう危険性もあるので必ず細かく出力調整のできる機器をチョイスしましょう。

次に細かい部分を処理できる機器を選ぶことです。

顔の産毛は細かい部分に点在しているため、 広範囲の処理ではなく、狭い範囲の処理ができる機器を選んだ方が良いのです。 できれば脱毛器のヘッドを取り替えられるタイプだとベストですね!最近は全身脱毛のできる家庭用脱毛器も多く販売されていますが、お金に余裕のない場合や、産毛だけの方は、顔の産毛専用の脱毛器も販売されているのでそちらもお薦めできます。

今までシェーバーやカミソリで顔の産毛を処理していたという方も トラブルのリスクの格段に少ないですし、脱毛する周期も長くなるので、処理の回数が減りおすすめです。

痛くない脱毛器はありますか?ある!

痛くない脱毛器なら、フラッシュ型の脱毛器がおすすめです。

痛みがある(個人差はありますが)脱毛器とはどういったものなのかというと、大きく分けると以下の2つがあります。

  • (1)レーザー脱毛タイプ
  • (2)泡脱毛などのムダ毛を直接抜き取るタイプ

(1)の場合は、とくに肌が弱い方などは痛みを感じやすいでしょう。

レーザー脱毛器ですと、レーザーが狭い範囲に集中して照射されるので、その分肌にかかる負担は大きくなってしまいます。

もちろん照射レベルを低めに設定する事である程度は痛みを軽減することはできますが、やはりフラッシュ型脱毛器のように広い範囲で照射できる脱毛器よりは痛みを感じやすいです。

(2)の場合は、脱毛の仕組みが毛穴から直接ムダ毛を抜き取るので、当然痛みを感じます。

ムダ毛が濃い目の人はかなり強い痛みをともないます。

また、フラッシュやレーザーの脱毛器と違ってムダ毛を生えにくくする効果はないため、ムダ毛が生えるたびに痛みをがまんして脱毛することになります。

総括すると、やはり痛くない脱毛器となるとやはり最近主流のフラッシュ型脱毛器がおすすめです。