脱毛器「レイボーテ」体験レポート ホーム > 知っておきたい脱毛専門用語集
 

知っておきたい脱毛専門用語集

ニードル脱毛(電気脱毛)

毛穴に針を指し、そこに電流を流すことで細胞を死滅させる脱毛方法です。施術時にかなりの痛みを伴い、施術者の技量で痛みや時間が変動するため、広く普及することはありませんでした。現在では技術が以前よりも技術が進歩しており、痛みが和らいできています。ニードル脱毛の効果は永久で「永久脱毛」を指すのは厳密にはこの方法のみだといわれています。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

光を脱毛部位に瞬間的にあてることで脱毛する方法です。毛のメラニン(黒い部分)に反応する仕組みで、多くの毛を一度に処理でき肌トラブルも少ない方法です。多くのエステサロンで行われている今一番人気の脱毛方法です。

レーザー脱毛

レーザーを脱毛部位にあてることで脱毛する方法です。ニードル脱毛よりも施術時間が短縮され、痛みも比較的少なくなったため、広く普及しました。光脱毛に比べると、強い出力パワーのため、痛みがあり高額になります。現在は医療機関でのみ施術可能です。

永久脱毛

米国電気脱毛協会では”脱毛が終了して一ヶ月後の時点での毛の再生率が20%以下である場合”と定めているようです。実質はニードル脱毛のみが永久脱毛にあたりますが、光脱毛、レーザー脱毛でも数度続けることで、効果を近づけることができるといわれています。

ハイジニーナ

デリケートゾーンのVライン・Iライン・Oラインを脱毛しており、アンダーヘアが全くない状態の女性を指します。「衛生」や「清潔」という意味の英語hygieneが語源となっており、最近はハイジニーナを公言する方も増えているようです。衛生管理や自己処理が難しい為、隠れた脱毛人気箇所でもあります。ただし、人それぞれ見え方は異なります。一度、電気シェーバー等でご自身で剃ってみて、その状態を確認してから脱毛するのがおすすめです。

埋没毛(埋もれ毛)

ムダ毛の自己処理により、傷ついた毛穴を修復しようと皮膚が毛穴を覆い、皮膚内部で成長してしまった毛のことをいいます。?埋もれ毛とも言われ、ワキなどの黒ずみの原因にもなります。また、この状態で脱毛をすると効果が出づらいため、スクラブ等でケアする改善方法もあります。